大好きなレストラン

f0109825_142974.jpg
カロスキルにある<モダンパプサン>

ポッサム、ジャガイモのジョン、テンジャンチゲ、蒸しマンドゥを食べたよ



お食事は、ある程度お金を出しても美味しいものが食べたい
旅先で、絶対に失敗しないレストランの選び方
それは、一度行って美味しかったところにまた行くってこと(笑)


冒険が苦手、というのも入ってまずかったらどうしよう・・・
残すことが嫌いだからこそ、なのです
初日に行ったコングクスのお店
豆乳が大好きなので、間違いなくおいしいとは思ったけど
かなり濃厚なスープ、苦手な人もいるだろうし
飽きちゃうといえば飽きちゃうかも
それでも、やっぱり好きな味なのでキムチ食べつつ完食!
また行きたいと思えるお店が増えました
問題は量、とにかくどこに行っても日本の1.5倍(笑)
これでもかってくらい量が多い(必ずおかずもつくしね)


カロスキルにある<モダンパプサン>は
まるで日本で韓国料理を食べているかのような錯覚に陥る
どれを食べても美味しいし、癖がないように思う
それなりの金額は取られますが、それでも安心感があるのでまた来ちゃう

最終日の夜に、ホテル近くの大衆食堂に入ったのですが
お味は美味しかったのだけど、ゆっくり食事をするという雰囲気ではなく
食べたらみんなさっさと席を立っていきました
お酒も置いていないから、そうそう居座っていられない
のんびり、ゆっくり食事をしながらおしゃべりがしたかったわたしは
最終日の夕食がそれだったので、ちょっと不完全燃焼
ソウルの大衆食堂では、焼肉屋さんでない限り出てくるものはほぼ同じ
各種チゲや、トッポギ、キンパッ、おでん、ビビンパなど
おなじみのお料理ばかりです
少々食べ飽きた感もあり、食は進みませんでしたが
とにかく安いし、味もそれなりだったのでよしとしよう!!


二日目にして、三日目が早朝集合なので最終日みたいなもの
午前中だらだらしちゃったので、午後からは買い物するぞーーー!と
勇んでアックジョンまで行きました
この日は、韓国の祝日だったらしく、カロスキルは混んでいました
お洋服屋さんも、日曜日のように人で溢れてた
日本人も多かったけど、やはり地元の人で賑わっていました
大好きなお洋服屋さんを数軒まわり、もっとみたいな~と思いつつ
ひとりではないので、時間や友達を気にしつつ数着ゲット!!!
本当は、おしゃれカフェでお茶もしたかったのだけど
お土産も買わなくては・・・というので、すぐに現代百貨店に向かいます
ギャラリア百貨店もすきなのだけどアックジョン駅からはちょっと離れていて
タクシーで行けばよいのだろうけど、近過ぎだよね・・・
ゆっくり歩いて20分くらいかな?結構この道すがらが好きだったりする
でも、今回は時間がなくて行けませんでした

やりたいことの半分は、江南でと思っておりましたが
なんだかんだで、あっという間に夕方になっちゃった
あ~あ、やっぱり一日半じゃこんなものよね
また来ればいっか、と自分に言い聞かせ、ひとり散策してホテルに戻る
が、あれだけ知り尽くしていると思っていたアックジョン界隈で迷子になる
実は、地図をまったく持たず歩き回ってしまい、内心バクバクでした
誰かに聞けばよいのだけど、地元の人のように振舞っていたため
誰も声を掛けてはくれず・・・(実は、江南にいると必ず韓国人に道を聞かれる
韓国人の友達にも、「オンニは江南スタイルね!」といわれております)
観光客と思われてないみたい
いいんだか?悪いんだか?だけど、江南スタイルといわれるとちょっと嬉しい


というわけで、1時間歩き回った末、ようやくアックジョン駅まで戻ってきました
アラフォ3人は、途中個人行動になったので、ひとりは早々ホテルに戻り
ひとりは明洞でエステの予約、わたしはひとりアックジョンを満喫(苦笑)
わたしは、今回ほとんどお土産を買わなかったので、荷物は主に自分のもの
現代百貨店では、薄掛け布団と高級コチュジャンを買いました
そんなものを持って1時間もさまよってしまい、疲れた、疲れた
やはりホテルは江南方面にするべきね、と心に決めましたとさ

f0109825_14331249.jpg
初日に見た清渓川
真っ暗で、なんかいつもの華やかさがな~い
イベントないと、こんなに暗いのね、知らなかった
でも、カップルにはよいデートコースかしらね
薄暗くて、落ち着くかも・・・


過ぎてみれば、なにやってたんだか覚えていないほど強行だった気がする
3人が行きたいところに、できるだけまわるツアーだったので
全体的には網羅できたはず
だって、チムジルバンにも市場にも行って、カロスキルで買い物もできたし
とても一日半とは思えないほど歩いたと思うよ
友達は途中、身体の調子が悪くなったのに、わたしってば放置(ごめんね)
ひとりでホテルに帰らせちゃうし・・・エステもみんなでしたかったけど
できたのはひとりだけっていう
わがままなアラフォ女子なので、ま、しょうがないな
せめて、最終日が午後便だったら、もすこしゆっくりできたでしょう
5千円をケチったがために、というわけです(笑)


お買い物に関しては、いつもは旦那さんと一緒で買えなかったものが
たくさん手に入ってウハウハ状態
そんなに高価なものでなくても、男性はアホみたいに買い物するの女が
許せないのでしょうね
それが、女子となら可能なので、大満足でした~
[PR]
by lucca_precious | 2012-06-12 14:45 | luxury