arflex、CASSINA、B&B、porada・・・

いつかは・・・と思いつつ、なかなか買えないもの



憧れのファニチャーはいくつかあって、次の買い替えには絶対に・・・と思いつつ
その値段の高価さから、もっと年齢を重ねてからでいいか、と最後の買い物にしたがる
だから、買い替えなくて済むような、一生モノの家具が欲しい

まずは、<arflex>シンプルモダンの代表格みたいなイタリアの家具メーカー
恵比寿にショールームがあるのですが、いつ見ても素敵で
こんな部屋なら、落ち着いた大人になれそう(笑)なデザイン
シンプルだけど、スタイリッシュ、永く使っても飽きがこなそう
もちろん、ひとつずつ受注生産なので、丁寧な仕事振りが伺えます
随分前だけど、某デパートの店舗改装時に、展示品処分のベッドがあって
かなりお安く売っていたことがあります
普通に買えば、二人用ならベッド+スプリングでかるく50万円はするのよね
即決できる金額じゃないな~まだ、我が家には・・・
今、わたしが欲しいのは、ここの一人掛け用の椅子とダイニングチェア
ダイニングチェアは、すべてデザイン違いを4脚ってのも素敵だと思っています

次は、<CASSINA>こちらは、モダンの代名詞かな~
我が家には、少し辛口過ぎる印象ですが、やはり憧れのファニチャー
ここのメーカーの歴史は古く、「17世紀にイタリアで誕生した」そうです
そんなに昔からあるなんて、やっぱりスゴイ!!
イタリアのものって、デザインがほとんど変わらず
何十年も愛用され続けているデザインが多い
そういうところに、すっごく惹かれます
高価でも、永い時間を共にし、修理しながらずっと愛用し続ける
昔の日本も、そんな文化でしたよね
今は何でも使い捨て、壊れたら、飽きたら捨てるが当たり前
そうなりたくないのに、そうしてしまっている自分が恥ずかしいです
だからこそ、一生モノの家具が欲しいんだけど
値段の高さからいって、うちの旦那さんには理解できないみたいです

次は、<B&B>これまたイタリアのメーカー
モダンファニチャーなんだけど、どこかPOPで可愛らしいデザイン
ここのは、おしゃれで洗練されているイメージ
青山にショールームがありますが、20代の時
恐れ多くて、ウィンドウショッピングしかできなかったの
それくらい、敷居の高いショップでした
(↑ごめんなさい、昔から青山にあるのは<doriade>でした
B&Bと勘違いしちゃった・・・)

わたしが好きな家具って、ほとんどイタリアのもので
20年前からずっと欲しいと切望し続けているものばかり
これくらい、好きなものが変わらないってのもすごいと思うんだけどね
もうひとつ最後に、<porada>こちらもイタリアのファニチャー
ここのデザインは女性的な印象で、丸みがあって木の質感が優しい
ここでは、寝室に置きたい肘掛のついたマダムな椅子が欲しい
1脚なら、お値段的には買えないものではありませんが
ベッドやサイドテーブルなど、他の家具との調和を考えると
自分でコーディネートするのが難しそう
椅子だけがあまりにもエレガントで、他が浮いちゃうかも・・・
日本では、大好きなインテリアショップ<ACTUS>で取り扱っています

イタリアの家具って、どうしてこんなに素敵なんでしょ♪
わたしにとって飽きがこない家具とは、たぶん30年先でも
同じデザインが存在するという点かしら?
もちろん日本にもそういったメーカーはありますが
なんとな~く重たい感じがするのよね
色といい、素材といい、重厚な感じが軽やかじゃないの
偏見かもしれませんが、これがわたしのイメージなので
家具に関しては、やっぱりイタリアのメーカーがベストです
将来は、夫婦+わんこ数匹、リビング広めの2LDKの間取りに
お気に入りの家具だけを置いて、シンプルに暮らす
それが、わたしの夢です
だから、よいものが欲しい、傷がついても、陽に焼けても
それがわたし達の歴史であるように
趣のある、そんな我が家だけの家具を作っていきたい

余談ですが、新婚時代に買った家具は、現在旦那さんが使っている
スーツ専用の洋服タンス以外、すべて買い替えております
タンス類は、作り付けのクローゼットがあるので必要ありませんが
ダイニングテーブル、チェア、ソファーなど、どうしても必要なものは
次の買い替えには、絶対に、希望の物を買わせてもらいます
わんこが傷つけてもいいじゃない、それもよい思い出になるわよね
[PR]
by lucca_precious | 2009-09-08 20:26 | interior